<削らない治療はどうして治る?>

<削らない治療はどうして治る?>

 

一般的な虫歯に感染して所はすべて削って歯科材料で補う治療に対して

 

次の二つの力を使っています。

 

○ 薬の効果によって虫歯の細菌を殺菌する

○ 殺菌された細菌は免疫の力(白血球やマクロファージ)によって貧食される

 

 

虫歯の細菌は酸を出して歯を溶かしてしまうため、“ 酸性の環境 ” になります。

そして、この二つの力によって、細菌がいなくなると 酸性から “ 中性 ” にもどるため、

健全な歯質がダメージを受けた歯質を助けてくれます。

( ※ 外から細菌の侵入がないように蓋がしっかりとくっついている必要があります )

このようにしてダメージを受けた歯は再び石灰化をして治っていきます。

つまり、

虫歯の細菌を無菌化して、その後は身体の本来持っている免疫力で治す治療法になります。

虫歯=悪い物

には違いありません。

しかし、感染してしまった歯そのものは ≠ 悪い物 です。

 

歯は硬い組織なため、削ってしまうと再生はしないので、再治療が重なれば、どんどん失ってしまいます。

(インプラントやブリッジ、義歯が必要なのはこのため)

 

虫歯を残す事にリスクがあると思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかし私は、

神経を保存するだけでなく、症状の出ていない、小さい虫歯にも取り入れ、

“ できるだけ長くご自身の歯を保つ ” ためには良い治療法と思っています。

< 参考例 >

虫歯の治り方